1. HOME
  2. ブログ
  3. 代理店
  4. 可搬型階段昇降機はバリア アリーの学校でも活躍します、出来ます!

ブログ

BLOG

代理店

可搬型階段昇降機はバリア アリーの学校でも活躍します、出来ます!

可搬型階段昇降機・ウェルキャリー/らく段は、学校教育の場においても活躍できるのをご存じでしたか?

【可搬型階段昇降機とは?】
●建物自体に取り付けるのではなく、持ち運びできる階段昇降機のこと。軽乗用車に積み込めるコンパクトな昇降機もある。

 

階段昇降機と学校に何の関係があるのか?と疑問に思われるかもしれませんが、キーワードは「インクルーシブ教育」にあります。

 

インクルーシブ教育、つまり健常者と障碍者を分けることなく一緒の空間で学び・遊んで、共生社会に必要な「違いを受け入れる」価値観を醸成していく教育のことを指しますが、それを実現するには学校内外にあるバリアと向き合わなければなりません。

バリアには、〝障害者・児にどう接したらいいか分からないから何となく避ける〟という心理的バリアと、段差・ぬかるみ・凸凹・階段などの物理的バリアが存在します。

 

今回は物理的バリアのお話をします。

たとえば生まれながらにして脳性麻痺を抱えた児童は、自分の脚で歩くことが難しくなり、車椅子を相棒として日常生活を過ごすことになります。

バリアフリー・ユニバーサルデザインの概念が無い時代に設計された学校にエレベーター設備などありません。進級や理科室/音楽室での授業の場合、健常児は「当たり前のように」階段を昇って降りて移動しますが、車椅子ユーザーならどうでしょうか。

 

マンパワーでの車椅子階段介助は危険で疲れるから 続かない

マンパワーで車椅子ごと階段昇降させる介助方法はいろいろありますが、プロの介助士(ヘルパー)でも相当な緊張感をもって階段介助に臨んでいます。

ボブサップや朝青龍のような体力自慢が全国どこにでもいるわけじゃありません。

職業柄、階段介助を提供してきましたからマンパワーでの苦労を身をもって知っていますし、他者の階段介助のやり方も目にしてきました。

 

車椅子ユーザーを階段介助しなければならない現場では、性別も身長も腕力も体力も違う大人たちが4人がかりで持ち上げるか、2名で引き上げるかのパターンに大別されます。

スキルも身体も異なる大人たちの階段介助に身を任せるのは、車椅子ユーザー本人にとっても第三者から見ても安全性に欠けてしまうことは否めません。

何より、車椅子ごと落としてしまうかもしれない・疲れるからやりたくない という心理が働くので、マンパワーでの階段介助に頼り切るのは限界があるわけなんですね。

 

そこで、車椅子ごと安全に階段昇降できるためだけに専用設計されたウェルキャリーの出番となるわけです。

詳しい記事はこちらをご覧ください。

ウェルキャリーよりもコンパクトで扱いやすい階段昇降機らく段はこちらをご覧ください。

 

まとめ

来年度には某小学校に納品される可搬型階段昇降機ウェルキャリー。

車椅子ユーザー本人とご家族・教育委員会・教諭たちを交えてデモンストレーションを行い、マンパワーよりも安全にラクに階段昇降できることを確認しあいました。

 

車椅子ユーザーが同級生と同じ教室で同じ景色を見て学びあえる というのはかけがえのない体験です。

階段昇降機ウェルキャリーがその支えになれることを私自身もとても嬉しく思います。

 

階段昇降でお困りであればいつでもお気軽にお問合せくださいね。

お問合せはこちら

 

合同会社めぐりLINE公式やってます。階段昇降機についての疑問質問はこちらからどうぞ!!

友だち追加

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事